歯周内科   ナノケア
     
 

POSCAMのご案内

新型コロナウィルスの荒木歯科の取り組みについて

当院では新型コロナウィルス対策として以下のことに取り組んでおります。

患者様に下記のご協力をお願いさせていただいております。

  • 入り口での手指消毒のお願い
  • 待合でのマスクの着用のお願い
  • 待合での混在回避のための予約軽減および座る場所のお願い
  • 治療前の除菌水によるうがいのお願い
  • 定期的な換気のため、温度調節が可能な服装でご来院ください

院内感染予防として、普段より行っている取り組み

荒木歯科は、厚生労働省の定める「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」、「歯科外来診療体制加算1の施設基準」をクリアしています。
この基準は

  • 歯科用ハンドピースの患者ごとの滅菌(オートクレーブ)
  • 偶発症に対する緊急時の対応及び緊急薬品、医療事故等の医療安全対策についての研修受講
  • 歯科用吸引装置の設置(口腔外バキューム)
  • 緊急時の連携保険医療機関の確保

などがあり、これらすべてをクリアした安心な保険医療機関であることを示しています。

新型コロナウィルス対策として追加で行っている取り組み

  • 受付の飛沫防止カバーの設置
    感染対策として受付に飛沫防止用カバーを設置させていただいております。お声が通りにくい場合がございますが、ご理解のほどよろしくお願いします。
  • 各スタッフのPPE(個人防護用具)の着用
    院内スタッフ、受付に関しても、感染防止の観点からマスク、ゴーグルの着用を義務付けておりますので、ご理解のほどよろしくお願いします。
  • 定期的な換気
    換気不十分な環境いた事例において二次感染者が多いため、可能な限り常時換気しながら治療させていただいております。

院長よりご挨拶

荒木歯科 院長 荒木 進

お知らせ

世界最先端の技術 セレックACを導入しました
歯科先進国ドイツを訪れ、最新設備の医院やコンピュータ化の進んだ技工所を見学し、日独の違いに大変驚きました。そして、ケルン大学とシロナ社でセレック開発チームの生の声を聞き、当院にもセレックACを導入いたしました 詳細はこちら

こんにちは。院内技工士の佐久間隆です。
荒木歯科に勤めて11年が経ちましたが今回、歯科医療先進国ドイツに研修に行けるという、夢のようなチャンスが巡ってきました。そのレポートをご紹介します。

荒木歯科の理念

当院は、名古屋市緑区に位置し、近くの大高緑地から飛来する野鳥のさえずりも聞こえる閑静な住宅街に建っています。

白を基調にしたカラーリングは清潔感を、また、囲んでいる 木々の緑が通りに対して新鮮な表情を出して患者様をお迎えし、心が和んでもらえる医院を目指しています。

窓の外には花木があり、バードミニサンクチュアリ(野鳥の聖域)を設け、緑と鳥のさえずりから生まれる安らぎの空間を演出しました。

そしてやわらかな陽射しがさしこむ診療室は、プライバシーを守る個室となっています。

また、開放感あふれる丸いホール、清潔感のある待合室・バリアフリーの化粧室、 リラックスした雰囲気の中、診療を受けて頂けるよう様々な工夫を致しました。

理想の診療環境づくり

医院にぎっしり詰まった院長の精神

歯科医院を開業するまでに、様々なデータや経験から実感したことは、「口腔の健康が、豊かで明るい生活」に結びついていくことです。

ただ、虫歯を治せば良い、痛くないようにすれば良い、歯を抜いたら入れ歯を入れれば良いのではなく,「食べる喜び、会話する喜び、笑う喜び」を得るためにも歯は大切です。
高齢者になったときにでも、 いかに幸せに生活できるかを目標に考えてきました。

歯を失うのは歯周病が原因の第一であることはあまり知られていませんが、虫歯のないきれいな歯でも、歯周病になって抜くことがあります。

そこで、歯周病の予防に重点をおき、患者様に応じて行われる、相談→治療→メンテナンスを通して、”豊かで明るい生活”をお手伝いさせて頂きます。

患者様が口腔の健康に関心を持ち、お口を健やかに保ち、ニコニコと帰って頂ける歯科医院が私の理想です。

「かたつむり」に例えた渦巻きの中心は「歯周病研鑽室」から始まります

当院の設計は、上記のような思想の根幹をなす部分を「歯周病研鑽室」に置き「治療室」~「ケアルーム」~「待合室」と、繋がりをもつ空間構成に秘めました。

「かたつむり」は、“渦巻き・血管・水”により構成される“エネルギーの流れ”を表現できる生命体です。
又、渦巻きはRASENともいい、エネルギ-の流れで最も完璧に近い「永遠」を意味します。一方、遺伝子の構造もRASEN形であることにより、患者様により長く、深く寄り添える医療を提供したいとの
私たちの思いをここに込めました。

このような演出をする事で、患者様の生の声に耳を傾け、寄り添いながら歯科医間・スタッフ間での豊富な情報量での連携・コミュニケーションが出来るよう考えてきました。。

又、“歯周病研鑽室”と “インプラント治療室”そして“義歯研究所”の3つの専門施設を併設していることも当院の大きな特色です。

PageTop